どうも、こんにちは。
仙台コワーキングスペースARROWSSS(アローズ)店長のリチャード(@Richarrowsss)です。

ARROWSSSは2019年4月にOPENしたコワーキングスペースでして、仙台在住のフリーランス・クリエイターの方々が数多く在籍してくれています。

また各々の得意とする分野が大変多様で、それぞれの分野でプロフェッショナルな方々ですので、一般企業と違って、企業様からいただいたご要望に対して、独自のプランをご提案することが可能となっております。

今回は、フリーランス側に立ち、フリーランスがそんな簡単に外注がもらえるものなのか、仙台のフリーランスの実情がどうなっているのかを検証していきます。

フリーランスはまだまだ認知されていない

仙台だから、というわけではありませんが、日本においてフリーランスとしての働き方はまだまだ一般的ではなく、認知度は低いと言えます。

北米では2020年に労働者の50%がフリーランスになる、と言われていますが、日本は2018年時点で約750万人(参照:ランサーズプレスリリース
)ですので、現状約11〜12%程度です。

重ねて言えば、その中で地方の割合というのはより低くなりますので、認知度が低いのは至極当たり前といえば当たり前です。

よって、仙台を含めて地方でフリーランスとして働く、というのは実情として難しいと言えます。

その理由をさらに少し深掘りして、簡単に2点にまとめてみます。

フリーランス=フリーターという認識

驚くことに、若い年代でもフリーランス=フリーターと認識している方は結構いらっしゃいます。

簡単にいうとフリーランスとフリーターの違いは、個人事業主であるかどうかなので、雇用されているかどうかという点が一番わかりやすいです。

ただ最近は週末フリーランスという活動も広まっており、副業(複業)としても注目されています。

そもそも副業(複業)という言葉が日本に広まったのも、副業(複業)元年といわれた2018年のことですので、まだまだ新しいんですよね。

一般的にフリーランスのスタンスとしては独立系・副業系の2つがあり、またその働き方や目的も様々です。

もともとWEB関連の職種に多かったフリーランスという働き方も、最近では広報や人事、財務など、本来企業に属していないとできなかったような職種で、フリーランスとして働いている方もいらっしゃいます。

現状ですとフリーランス=フリーターという認識がまだまだありますが、フリーランスという働き方は、間違いなく今後さらに加速度的に認知・多様性が広がっていくことが考えられますので、働きやすさは増していくでしょう。

フリーランスとして案件が取れない

フリーランスとして独立する上で、まず最初に直面する問題はこれではないでしょうか。

企業から個人へ委託するサービス(ランサーズなど)も普及している以上、なかなか企業側から個人(フリーランス)へ直接業務委託することはほとんどありません。

企業側はフリーランスに対してまだまだ信頼度も低く、大手企業であればあるほどその契約は難しいと言えるでしょう。

フリーランスとして独立をして、新規で案件を獲得していこうとすると大きくは2点。

ひとつはご紹介。知人やそれまでのツテを使ってご紹介をいただいていく。そこで実績が残せれば、その方からまたご紹介をいただける可能性もあります。

もちろんそれでずっと稼ぎ続けられれば良いのですが、そんなに甘くありません。

新規で案件を獲得するもうひとつの方法は当たり前に営業です。

自分のスキルにマッチする企業に対して、自らアポイントを取り、お客様の要望に合わせてプランニングして提案する。

当然一筋縄でいくものではありませんが、フリーランスとして自分のスキルを売る営業力がなければ、フリーランスを続けていくことは難しいでしょう。

フリーランスとして案件を獲得していくには

フリーランスとして案件を獲得していくことがどれ程難しいかは、わかっていただけたでしょうか。

現状の認知度が低いことはもちろん、そのマイナスがある中で、自らの営業でその状況を打破し、スキルを売り込んでいかなければなりません。

ただそれができなかった場合どうすればよいのでしょうか。

ひとつはランサーズなどのフリーランスと企業をマッチングさせるサイトへ登録をして案件を探すこともできます。

ただ結局かなりの数の同業者がいる中で選ばれるには、価格で押すなどする必要がありますし、ある程度実績を作らないとそれも出来ないでしょうから、大変手間も時間もかかります。

そうであれば、一番良いのは地域で展開されているフリーランスのコミュニティに案件をふってもらうなどして、効率よく実績をつむことではないでしょうか。

空いた時間はさらに自分のスキルを磨く時間に充てることもできますし、フリーランス本来の自由度を使って、さまざまなことに時間を充てることが出来ます。

まとめ

フリーランスという働き方は、特に地方では現状まだまだ認知されていません。

ただし、その芽が出て広がってきていることは間違いありませんので、まずはコミュニティなどに所属し、実績を積んでみてはいかがでしょうか。

仙台市のコワーキングスペースARROWSSSでは、様々な企業から委託案件を請け負っており、また多様なフリーランスが在籍しておりますので、いろんな情報が聞けるかもしれません。

365日毎日朝8時〜夜9時まで営業しておりますので、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。お待ちしております。